バンク、東京オリンピック放射能汚染全世界広報出た。

韓国のサイバー外交使節団「バンク」が2020東京オリンピックを控え、日本の放射能安全性の問題を提起するポスターを作成ことについて、日本政府が韓国政府に懸念の立場を伝達したことが明らかになった。 バンクは、2011年3月に発生した福島(福島)第1原発の爆発事故の影響で、7月24日に開幕する東京オリンピックで放射能安全性の懸念が提起されることができるというメッセージを込めて、先月初めバンクはパロディーポスターを制作した。 バンクは、オリンピック聖火リレーの姿を、放射性物質を運搬するようにパロディにしたこのポスターをフェイスブックなどのSNSを通じて公開する前に、バンクは先月6日、ソウル鍾路区ユルゴクロ在韓日本大使館の新築敷地仮説壁面に付着した。 8日読売新聞によると、日本政府は、バンクが製作したパロディポスターが東京オリンピックと福島原発事故の被害地域を「揶揄」する行為と韓国政府に懸念の意を伝えた。 これと関連し、日本政府関係者は、読売新聞に「外務省と大会組織委員会がバンクが製作したポスター公開後、韓国政府と国際オリンピック委員会(IOC)に「福島とオリンピックを貶める行為であり、バンクのエンブレムの不正使用も看過できない」との立場を伝えた」と述べた。 バンクのエンブレム無断使用はポスターに防護服を着た人が五輪マークを背景に聖火を持って走る姿が描かれている点を指摘したものと思われる。 読売はバンクが東京オリンピック・パラリンピックを控えて「バンクが福島原発事故による放射能汚染の危険性があるという宣伝戦を賑やかに展開している」とし「民族主義的なバンクの若者で構成され団体」と紹介した。 それと共にバンクが独島領有権主張と旭日旗(旭日旗)批判運動をインターネット空間で繰り広げていると伝えた。 この新聞はバンク側がパロディポスターに「放射能の安全のためにバンクの警告」と主張したと付け加えた。 バンクは安倍晋三(安倍晋三)首相が率いる現日本政府は、東京オリンピック・パラリンピックを通じて、日本が東日本大震災を乗り越えていることを、国内外に浮上して知らせようとしている。 日本政府は、その一環として、3月26日から121日間行われる日本国内の聖火リレー行事の出発地を東日本大震災の直後、福島原発事故対応本部が設置されたJヴィレッジ(サッカー国家代表トレーニング施設)にした。 また、福島産の農水産物の安全性を促進するために、オリンピック選手村に福島産食材を供給する予定である。 一方、「バンク」を導いているパク・キテ団長はパロディーポスターが公開された後、フジTVなどのインタビューで、日本が福島原発事故に伴う放射能安全性の問題を解消して、東京オリンピックを成功的に開催することを望むと述べた。

Continue Reading →

韓国、日本政府に「コロナ19 ‘検査技術移転する。

韓国政府が新型コロナウイルス感染症(コロナ19)診断テスト物量が不足している日本政府の診断技術の開発情報を提供することにした。 同時にクルーズ船に滞在している韓国人の安全を要請する一方、希望者が帰国できるように、両国間の協力方案を議論した。 保健福祉部朴ヌンフ長官は17日午後2時加藤甲信厚生労働省長官と電話でコロナ19対応関連両国間の協力方案を協議した。 通貨は、韓国政府の提案になされた▲日本の横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス号」内の韓国人への支援▲コロナ19関連両国の現状と防疫対策情報の共有▲今後の対策に関する協力案などの懸案を中心に議論した。 朴ヌンフ長官は「クルーズ船に滞在している韓国国民の安全をお願いする」とし「帰国を希望する方が健康に帰国することができるように、韓国と日本政府の協力」を強調した。 最隣接国として、両国間の防疫対策における情報共有と協力の重要性に言及し、特に韓国のコロナ19診断試薬・テクニック(PCR)の開発と能力に関する情報を日本側に提供するなど、積極的な協力の意思を表明した。 12日、安倍晋三(安倍晋三)日本の首相は地方と民間調査機関にも協力を依頼して検査能力を18日まで一日300件から1000件拡大する方針を明らかにした。一方、韓国は現在も一日5000人まで可能なコロナ19レベルのチェックを今月末日1万人分まで拡大する計画である。 これに対して加藤厚生労働省長官は「日本国内の感染防止とクルーズ船関連の対応に全力を尽くしており、診断テスト能力の増大のために努力している」と明らかにした韓日専門家レベルの技術協力の必要性を述べた。 また、現在、日本国内に感染経路を特定することはできないいくつかの事例が示されており、患者の増加局面に対応できるように先制的な対策が必要な状況であることを共有した。 両国保健長官は、自国防疫に最善を尽くすとともに相互に継続的な協力を約束した。 電話を終えて朴ヌンフ長官は「両国保健省長官がコロナ19対応の第一線で密日程を消化する中日韓直接コミュニケーションを介して、両国間の協力を強化することができることに、その意味が大きかった」とし「現在のマシャオウェイ(MA、Xiaowei)中国国家衛生健康委員会主任(閣僚)にも継続疎通を提供しているだけに、近いうち中国ともコロナ19関連の議論を通じて最中の協力方案についても模索できることを期待している」と述べた。 The Korean government has decided to provide information on…

Continue Reading →