Latest Post

BTSジン、今年早々に軍入隊へ BTS Jin to enlist in the army as early as this year

サイバーレッカーはどうして堂々としているのか。

 

サイバーレッカーはどうして堂々としているのか。 BTSメンバーV、対応予告。

 

サイバーレッカー(wrecker:牽引車)とは?

話題になっている用語とNEWS、そして現在、韓国の法律関連でお知らせいたします。

 

 

サイバーレッカー

近年、各種オンライン上のイシューの中心にある存在がある。 他ならぬ「サイバーレッカー」。

サイバーレッカー(wrecker:牽引車)とは、交通事故が起きればすぐに駆けつけてくる牽引車のように、オンライン上で特定の事件·事故や議論が発生すると、素早く議論を整理し、紹介したり、批判する内容の映像をアップするクリエイターを指す。

彼らの存在が問題視される理由は、基本的な事実確認なしに、最初のメディア報道をそのまま引き写して映像を制作して配布したり、制作者の主観的な考えを加えて、根拠のないデマを量産しているからだ。 特に最近、YOUTUBEのサイバレッカーチャンネルのクリエイターたちが編集して作った証拠を集めた映像を通じて、根拠のない主張を基に疑惑まで提起し、彼らをめぐる議論はさらに拡大している。

サイバーレッカーのデマ、他人が掲載したインターネットの掲示物をYOUTUBEに移して掲示した映像による最大の被害者は、断然芸能人だ。 整形疑惑、恋愛疑惑からイメージに致命傷を与えかねない確認されていないプライベート疑惑まで無分別に量産するサイバーレッカーのため、論議が大きくなる度に釈明に冷や汗を流すのは被害を受けた芸能人たちだ。

 

「宣伝してくれてありがとう」…むしろ堂々としたサイバーレッカー?

 

現在、動画プラットフォームのYOUTUBEで活動しているサイバレッカーチャンネルの数は相当なものだ。 彼らの大半が掲載する映像は、サムネイルやタイトルから刺激的だ。 もちろんこのうちの一部は別名「炎上・荒らし」性映像で、刺激的なサムネイルとタイトルと違い、内容は既存メディアの報道をそのまま引き写したケースだ。 問題は事実関係が明らかでない「誰かが~と言っていた」と終え、根拠が不明瞭な内容で構成された映像を通じて新しい疑惑を量産するチャンネルだ。

その中でも最近、最大の議論の中心に置かれているYOUTUBEチャンネルの場合、購読者も相当数いる。 数万人に達する購読者も驚くべきだが、それよりもっと驚くべきことは各映像の再生数だ。

BTSのRMと一般人女性の恋愛疑惑を提起した映像は52万回、BTSのJungkookと俳優イ·ユビの恋愛疑惑提起映像は91万ビューを記録し、チャン·ウォニョンとフリージアに対して推測性内容を盛り込んだ映像の再生数はなんと200万回を突破した。 この他にも該当チャンネルにアップロードされた多くの映像は100万回に迫る照会数を記録しており、一部は数百万ビューを遥かに超えたりもした。

刺激的な内容で構成されたこのチャンネルの映像が話題になり、映像の中で扱った話題も水面上に上がり始めた。 疑惑が高まると、恋愛疑惑が持ち上がったBTSの所属事務所「BIG HIT MUSIC」側は、Vや Jungkook 、RMなどのサイバーレッカー発熱説は、全て事実無根だという立場を明らかにし、鎮火に乗り出している。

これと共に話題を集めたのはVの対処だった。 Vは自身に対する恋愛疑惑が提起された当時、ファンコミュニティを通じて「今、うわべだけ見たんですが、僕たちだけでなく、すべてのアーティストはああいう人を嫌っています。 傷ついて、勇気を出せなかった人々を代表して告訴します」とし、法的対応の意思を明らかにした。

サイバーレッカーのデマで被害を受けた当事者が直接法的対応を予告したにもかかわらず、サイバーレッカーチャンネル運営者の態度はむしろ堂々としていた。 該当チャンネルの運営者はVの法的対応を示唆する文章をキャプチャーして掲載し、「ワールドスターBTSが直接見る唯一無二のサイバーレッカーチャンネルだ。 Vが直接、ファンコミュニティに言及した そのチャンネルだ。 宣伝してくれてありがとう」という態度を見せた。

また、有名税に対する満足感を示し、「なぜ多くのサイバーレッカーチャンネルの中で自分のチャンネルがなぜ特別なのか」まで分析している。 「僕のチャンネルは男子アイドルの中でも一番の人気メンバーであるVが狙撃したのでもっと話題になった。 他のサイバーレッカーチャンネルが多いにもかかわらず、人気アイドルに関する良い内容だけを載せるのは、ファンが怖くてそのことを隠しているだけ」という堂々たる説明には戸惑うほどだ。 このような波及力(?)に支えられ、当該チャンネルは現在メンバーシップシステムまで運営して、一般購読の他に有料加入者まで誘致している。

 

 

「サイバーレッカー」、なぜ自由に暴れるのか。

 

今も依然として多くのスターが根拠のないデマに被害を訴え、法的対応も辞さない中、このように無分別なデマ量産の中心となるサイバーレッカーたちが堂々と活動できる理由は何だろうか。

これについて法務法人のクォン·チャンボム弁護士は「(サイバーレッカー被害事例において)むしろスターが一般人に比べて告訴を進めることができない方」と説明した。 スターが自分に対するデマや悪意的内容を量産したサイバーレッカーを告訴する場合、かえってそれによってデマがさらに話題になりかねないことを懸念しているという。

クォン弁護士は「一般的にサイバーレッカーが狙うのがその地点」とし「(サイバーレッカーチャンネルが)量産したデマや悪意的内容の程度があまりにも途方もなく、水位が高い場合には直ちに該当映像およびチャンネルの流通遮断措置と処罰が可能だが、刺激的なタイトルと写真を掲げた後、巧妙に事実的な報道を捏造して作った一種の”フィッシング”映像は法の網でも曖昧な存在になる」と指摘した。

 

「刑事処罰の場合、罰金→懲役刑も…。YouTubeチャンネルは閉鎖」

サイバーレッカーの無分別なデマ量産活動を防ぐためには、被害を受けた当事者(芸能人)の積極的な対処が必要だという説明だ。 虚偽性がひどくなく、初犯の場合、罰金刑が言い渡される可能性もあるが、このような映像制作や流布を通じて照会数を上げ、収益を創出するサイバレッカーの特性上、制裁後も、別のチャンネル開設を通じて活動を続ける可能性が高く、この時、同じ容疑で処罰が重なれば、長期的な懲役刑の判決も可能だからだ。

クォン弁護士によると、YOUTUBEを通じて活動するサイバレッカーの場合、韓国の現在の情報通信網法により、名誉毀損罪で処罰される。 重要なことは、刑法上の名誉毀損罪よりも情報通信網法が強化されているという点だ。

オンライン上で相手を誹謗する目的で虚偽の事実を書いた場合、7年以下の懲役または5,000万ウォン以下の罰金が求刑される。 事実を指摘した場合にも誹謗を目的とし、相手が名誉毀損の被害を受けた場合は、3年以下の懲役または3,000万ウォン以下の罰金求刑が可能だ。

また、サイバーレッカーの活動がサイバー名誉毀損罪に当たると判断される場合、放送通信委員会が審議を経て問題になった映像の掲載やYOUTUBEのチャンネル運営そのものを禁止することもできる。 クォン弁護士は「同じく誹謗を目的とした虚偽事実の摘示、淫乱物の掲載、不安感を造成する掲示物、個人情報取引などの目的が盛り込まれた掲示物などはサイバー名誉毀損罪に当たる」と説明した。

サイバー名誉毀損罪が成立しなかったとしてもチャンネルを制裁する方法はある。 サイバーレッカーの告訴件と関連して、刑事判決が出た場合も、YOUTUBE(グーグル)側にこのような判決文を提示し、チャンネルや映像掲載の制裁が可能だ。

最初の告訴からサイバーレッカーに対する懲役が言い渡される可能性は高くないが、映像の虚偽性や被害規模などによって処罰のレベルは十分に変わり得る。 確認されていないデマの量産による被害を防ぐために、より積極的に取り組まなければならない理由だ。

クォン弁護士は「最初から懲役が言い渡されるよりは(映像など活動の)レベルを見ることになります。 通常、初犯の場合、罰金刑が言い渡されるんですが、内容がひどくて虚偽性がひどい場合、刑が重くなりかねないです。 ただ、このような告訴が重なれば、実刑判決も十分可能であり、実際の事例もありました。 実質的処罰を目的とする刑事裁判のほかにも、賠償請求を要求できる民事裁判も可能です。 それぞれの被害事例に合った方向性を探すことが重要でしょう。」と伝えた。