韓国、日本政府に「コロナ19 ‘検査技術移転する。

韓国政府が新型コロナウイルス感染症(コロナ19)診断テスト物量が不足している日本政府の診断技術の開発情報を提供することにした。 同時にクルーズ船に滞在している韓国人の安全を要請する一方、希望者が帰国できるように、両国間の協力方案を議論した。 保健福祉部朴ヌンフ長官は17日午後2時加藤甲信厚生労働省長官と電話でコロナ19対応関連両国間の協力方案を協議した。 通貨は、韓国政府の提案になされた▲日本の横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス号」内の韓国人への支援▲コロナ19関連両国の現状と防疫対策情報の共有▲今後の対策に関する協力案などの懸案を中心に議論した。 朴ヌンフ長官は「クルーズ船に滞在している韓国国民の安全をお願いする」とし「帰国を希望する方が健康に帰国することができるように、韓国と日本政府の協力」を強調した。 最隣接国として、両国間の防疫対策における情報共有と協力の重要性に言及し、特に韓国のコロナ19診断試薬・テクニック(PCR)の開発と能力に関する情報を日本側に提供するなど、積極的な協力の意思を表明した。 12日、安倍晋三(安倍晋三)日本の首相は地方と民間調査機関にも協力を依頼して検査能力を18日まで一日300件から1000件拡大する方針を明らかにした。一方、韓国は現在も一日5000人まで可能なコロナ19レベルのチェックを今月末日1万人分まで拡大する計画である。 これに対して加藤厚生労働省長官は「日本国内の感染防止とクルーズ船関連の対応に全力を尽くしており、診断テスト能力の増大のために努力している」と明らかにした韓日専門家レベルの技術協力の必要性を述べた。 また、現在、日本国内に感染経路を特定することはできないいくつかの事例が示されており、患者の増加局面に対応できるように先制的な対策が必要な状況であることを共有した。 両国保健長官は、自国防疫に最善を尽くすとともに相互に継続的な協力を約束した。 電話を終えて朴ヌンフ長官は「両国保健省長官がコロナ19対応の第一線で密日程を消化する中日韓直接コミュニケーションを介して、両国間の協力を強化することができることに、その意味が大きかった」とし「現在のマシャオウェイ(MA、Xiaowei)中国国家衛生健康委員会主任(閣僚)にも継続疎通を提供しているだけに、近いうち中国ともコロナ19関連の議論を通じて最中の協力方案についても模索できることを期待している」と述べた。 The Korean government has decided to provide information on…

Continue Reading →