Samsung’s Japanese Exclusion Plan for All Semiconductor Materials

TF started “220 domestic chemicals and chemicals, domestic and third country”

Samsung Electronics Vice Chairman Lee Jae-yong visits Samsung Electronics Onyang Campus in Asan, Chungcheongnam-do on the 6th, and is checking the site with Kim Ki-nam, Vice Chairman of DS Division, Vice President of TSP Paik, and Kyo-Young Jin. Provided by Samsung Electronics

samsung conductor

Samsung Electronics Vice Chairman Lee Jae-yong visits Samsung Electronics Onyang Campus in Asan, Chungcheongnam-do on the 6th, and is checking the site with Kim Ki-nam, Vice Chairman of DS Division, Vice President of TSP Paik, and Kyo-Young Jin.

Samsung Electronics decided to replace all Japanese materials used in the semiconductor production process with materials produced by domestic, third-party countries such as Europe and the United States. As Japan’s export control measures likely to disrupt semiconductor production, the company decided to rule out Japanese-made materials in the production process.

According to the industry on the 6th, Samsung Electronics decided to replace about 220 Japanese materials and chemicals put into the semiconductor production process with products from other countries, and formed a separate task force (TF) to promote this work. TF is in contact with domestic and overseas companies that produce semiconductor materials and comprehensively understands whether the quality can be put into the actual process and how much can be produced if it is put into the process.

An official from a semiconductor partner said, “Samsung Electronics is contacting various semiconductor material producers to conduct various investigations to secure substitutes for Japanese products.” I did it. ”

Samsung’s principle of replacing Japanese materials is known to be quite strict. In order to increase production efficiency, European and US material companies announced plans to import raw materials from Japan, process them in Korea, and deliver them to Samsung, but Samsung reportedly rejected them by proposing the ‘Japan Free’ principle. .

An official from a European material company said, “Even though there are raw materials in Europe, it is economically more advantageous to import raw materials from Japan and process them. “We are looking into how to import.”

Samsung’s action suggests that the industry reflects Samsung’s realistic worries that it will be difficult to operate production lines based on Japan, which is shaking its international division of labor due to political issues. Samsung Electronics Vice Chairman Lee Jae-yong went to Japan immediately after Japan’s export control measures and tried to secure materials.

While searching for alternative materials may result in short-term losses, such as reduced production, the de- Japaneseization of materials seems to be more profitable in the long term, including stabilizing production lines.

The global semiconductor industry predicts that materials replacement work for domestic semiconductor manufacturers, including Samsung, will take as little as six months and more than one year. Even if new materials are found, production lines must be stabilized and domestic companies will have to endure losses such as reduced production during that period.

An official of Samsung Electronics said, “We are making various efforts to diversify import lines after the export control measures in Japan.
“It’s hard to predict when the material replacement will be finalized at the moment,” he said.

「日本産素材及び化学薬品220以上、国産、第3国産で「TF稼動

イ・ジェヨン三星電子副会長が6日、忠清南道牙山素材サムスン電子温陽キャンパスを訪問しキム・ギナムDS部門の代表取締役副会長、バックホンジュTSP総括副社長、ジンギョヨウンメモリ事業部長社長と現場を点検している。サムスン電子提供

イ・ジェヨン三星電子副会長が6日、忠清南道牙山素材サムスン電子温陽キャンパスを訪問しキム・ギナムDS部門の代表取締役副会長、バックホンジュTSP総括副社長、ジンギョヨウンメモリ事業部長社長と現場を点検している。

サムスン電子が半導体製造工程に入る日本産素材を国産やヨーロッパ、アメリカなどの第3国が生産した素材で、すべて交換することを決定した。日本の輸出規制措置として、半導体の生産に支障が生じる可能性が大きくなると、生産工程で日本産の素材を、原則として排除することにしたものである。

6日、業界によると、サムスン電子は、半導体製造工程に投入される約220種類以上の日本産の素材と化学薬品を他の国の製品に交換するとし、この作業を推進するための別途のタスクフォース(TF)を構成した。 TFは、半導体材料を生産する国内および海外の企業と接触して「実際の工程に投入が可能な品質であるか、工程に投入すれば、生産量をどのよう増やすことができているか」などを総合的に把握している。

半導体パートナーの関係者は「サムスン電子が半導体材料の生産企業、複数の場所に連絡を取って、日本製品代替材確保のための様々な調査を行っている」とし「一部の企業は、協議がかなり進行して、実際の生産ラインに適用するためのテスト段階に突入した」と述べた。

日本産の素材を交換するというサムスンの原則はかなり厳しいことが分かった。ヨーロッパとアメリカの地域素材メーカーが生産効率を高めるために「日本で原料を輸入した後、韓国で加工して、サムスンに納品する」という計画を明らかにしたが、サムスンは「Japan Free」の原則を提示し、これを拒否したことが分かった。

ヨーロッパ地域の素材メーカーの関係者は、「ヨーロッパにも原料が、地理的に近い日本で原料を取り寄せて、これを加工して納品するのが経済的により利得のに、サムスン側は原料も日本産の素材が混ざる困難だという立場だ本社で原料を持ち込む案を検討している」と述べた。

サムスンの今回の措置を置いて、業界では、政治的な問題を理由に国際分業システムを振っている日本に引き続き頼って生産ラインを稼動することは困難サムスンの現実的な悩みが反映されたという分析を出している。イ・ジェヨン三星電子副会長が日本の輸出規制措置後すぐに日本に渡って素材の確保のために努力したが、第3国を経由した輸出まで防ぐ日本国内強硬な雰囲気を見て素材乗る日本の決意を、最終的に下したことが分かった。

代替素材を探している間、生産量の減少など、短期的な損失を見るかもしれないが、素材の脱日本画完成が生産ラインの安定化など、長期的な観点から、より利得という判断も作用したとみられる。

世界の半導体業界は、サムスンなど韓国の半導体メーカーの素材の交換作業が短く、6ヶ月、長くは1年以上かかると予想している。新しい素材を探しても生産ラインの安定化作業などを経なければならして国内企業は、その期間中に生産量の減少などの損失も耐えなければならない。

サムスン電子の関係者は、「日本の輸出規制措置後の素材輸入先の多様化のために多方面で努力しているが、その範囲と段階などは具体的に言及するのは難しい」とした。
そして、「素材の交換作業が最終的にいつ仕上げられるかも、今のところ予想するのは難しい」と述べた。

Posted in IT

mybodythera

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Next Post

China's memory semiconductor production failure-Samsung Electronics occupies at least 30 years

Wed Aug 14 , 2019
TF started “220 domestic chemicals and chemicals, domestic and third country” Samsung Electronics Vice Chairman Lee Jae-yong visits Samsung Electronics Onyang Campus in Asan, Chungcheongnam-do on the 6th, and is checking the site with Kim Ki-nam, Vice Chairman of DS Division, Vice President of TSP Paik, and Kyo-Young Jin. Provided […]